FC2ブログ
玄関編など、ドッグトレーナー、シーザーミラン氏の訓練&リハビリ実例をご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんちゃんとお客さんを招くには

犬の来客時の対処法その1

事例その1:玄関先で客を招くとき(ディエゴの場合)

カリフォルニア州サンディエゴに住む、

ポールとケリーという若いカップルは一匹の犬と暮らしています。

犬の名はディエゴ。

「ドゴ・アルヘンティーノ」という犬種で1歳半です。
042.jpg
幼い頃3週間の訓練コースを受けるも、生後6ヶ月目にポールが長期間留守にしたとき、
ケリーが散歩の際に、ディエゴは他の犬を見ると攻撃的で暴れる始末。
ケリーはディエゴを抑えようと奮闘。
ショックカラーを勧められ、最大値の刺激を与えても、首を引っ張っても効果はなく、
執念深く相手の犬を狙うので、以来それは使用せず、号令だけにするが、改善は見られない。
ポールは力で犬を抑えていましたが、ケリーにはそれが不可能です。
二人共精神的に犬を支配する必要があります。そのやり方をシーザーに教わりました。
----------------------------------------------------------------
シーザーはポールではなく、ケリーに集中して話を聞いていきます。
それは彼女の肩に力が入っているから。
彼女の問題を抱えている部分に働きかけることが重要だそうです。
最も助けが必要な人に重点を置けば、最大の変化を起こせると伝えています。
二人がディエゴに対して使ってきた手法を聞く限り、
今までの取り組みには「ケリーに力を与えること」という大事な要素がかけていました。

ディエゴの困った行動はケリーの精神バランスが鍵、ということです。

----------------------------------------------------------------
玄関編

玄関先で来客を迎えるにあたって、ポールは犬を下がらせ、
寝床へ行くよう支持しました。
    ↓
シーザー曰く、
例えば、犬の群れがあって、縄張り内に新しいメンバーが入ってくるとき、
リーダーは群れを寝床にはやりません。群れのみんなで挨拶します。
その時、必ずリーダーが一番前に来るようにします。
    ↓
犬が玄関にやってきたら、追い返しはせず、ブロックして前に出るのを防ぎます。
こうすれば犬も握手した気になり、一緒に出迎えられるんです。
(実際には犬同士は握手ではなくお尻の匂いを嗅ぎますが)
来客の匂いを嗅ぎ回り、犬が自ら離れたら「気が済んだ」という証拠なので、
そのとき初めて来客を家の中に招き入れましょう。

玄関で来客が犬を無視すれば犬は落ち着けます。
飼い主は玄関前で堂々とすることが必要です。またディエゴが前に出そうになれば
すぐに正し、犬が下がったらドアを開けましょう。

玄関は「自分が支配しているのだ」という思いを持つことが大事だそうです。

また、シーザーの「シッ」と正すのは会話の一つです。
何も言わずに、堂々と振舞うことも会話になります。

----------------------------------------------------------------
散歩編

この練習相手としてブルドックの「ミートボール」の協力を仰ぎます。
以前ディエゴが病院送りにした犬だそうです。
最初、主人と犬の両方が接近します。
すると、ミートボールを見てみると耳が前を向き、胸を張って頭は高く、目つきが鋭いです。
シーザーはミートボールの匂いを嗅がせて、彼のニオイがしたら従順になると教えます。
(この時距離は離れていますが、犬は嗅覚敏感ですので、匂いは嗅ぎとれるはず)
接近中、しっぽに注意を払います。耳が倒れ、しっぽの力が抜けてたらOK。
すると相手もそれを感じて、「自分は狙われていない」と悟っで表情が変わりました。

ケリーにリードを持たせ、歩いてもらいます。
その時は何か別なことに集中させます。
リードを持って散歩しながら犬ではなく、自分に集中することが必要です。

犬を散歩することにも犬の名前にも意識を向けず、
過去を忘れることで違うエネルギーが生まれ、犬も余計な気を起こさずに済むそうです。

ディエゴは毎回おなじことを繰り返していました。
警戒し、うなって、リラックスします。必要な過程なのです。

また、自分が唸っても、飼い主の自信は揺るがないのだと悟らせます。
それが穏やかで従順な状態を生みます。
----------------------------------------------------------------
今回の素晴らしい物語はケリーとディエゴに限らず、全ての女性に通じます。
重荷を抱え込む女性は多いんです。
シーザーはラストにこう締めくくりました。

「犬はあなたの心のバランスを保ってくれます。どんな時でも、です。」

犬の困った行動について今まで見てきたし、犬を訓練すれば解決すると
思っていましたが、実はそうではないらしいですね。
常に飼い主の行動や精神状態に左右されている、そんな印象を受けます。

今回、ポールは自分が犬と暮らすにあたり、どんな犬種がいいか
どういう理想かをきちんと思い描き、わざわざアルゼンチンまで赴く
意気込みは感心しました。

一方、ケリーは犬以外に何か精神的に危ない雰囲気が見ていて感じました。

結果、ポールが出かけた後のディエゴの様子は彼女と似ていて、
同じ精神を共有しているかのように見受けられます。

後半、彼女は自分の不安定さに向き合い、努力していました。
そのせいか、ディエゴもかなり落ち着いて散歩中もほかの犬がいても無視さえ
するようになっていたのには驚きです。
無駄吠えも彼女の安定さのおかげで全くなかったのも同様に、です。

目からウロコが落ちるとはまさにこのこと、でした。

すべての犬に共通してやればこれで大丈夫、とまではさすがに行きませんが、
自分の気持ちをコントロールしつつ対応してみる、のは
速実践可能だと思うので、試してみるのもいいかも。
ただし、根気も大事ですよね。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

Copyright © シーザーミランに学ぶ犬との暮らし All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。